企業の「明日への躍進」をサポートする大阪経営振興協同組合

技能実習生受入までの流れ

技能実習生受入までの流れ

技能実習生受入までの流れ

約3週間

技能実習生受入決定(新規先は組合員加入)

技能実習生受入決定(新規先は組合員加入)

組合加入申込書の受理

↓

送出し機関へ技能実習生受入れ条件の通知

技能実習生受入事業に関する契約書の締結

↓

送出し機関で技能実習生候補者の選考(一次面接)

事前調査の後、受入人数の1.5〜2倍の技能実習生候補者を選択

送り出し機関の厳しい技能実習生選抜基準
  • 満18歳以上の者
  • 送り出し機関において、日本の受入企業と同職種の業務に従事した経験がある者
  • 日本企業での技能実習を終了して帰国後、確実に同業務に復帰することが保証されている者
  • 送り出し国の国・地方公共団体から推薦を受けた者
  • 技能実習生としての使命を自覚し、技能実習意欲が高いと認められる者
  • 技能実習に耐えうる心身的に健康であると認められる者
  • 過去に日本において技能実習を受けた経験のない者
↓

約120日

送出し国が日本側の受入企業が面接、技能実習生を決定

受入企業(代表者)が現地で面接・試験を行い決定 (現地面接に参加されない場合は組合側が面接・決定)

↓

送出し機関にて技能実習生の出国書類作成

送り出し機関が組合へ書類を提出

↓

組合にて技能実習生の入国書類作成

出国書類とあわせてJITCOに提出

↓

大阪入国管理局が在留資格認定証明書交付申請の審査及び『在留資格認定証明書』の発給

↓

送り出し機関が出国前手続及びパスポート・ビザの申請

↓

約1ヶ月

技能実習生来日

組合側が技能実習生の出迎えをします

↓

集合技能実習

組合が日本語および生活習慣・風習等の集合技能実習を実施

↓

企業に派遣

企業が実務技能実習の開始となります

外国人技能実習生受入事業
外国人技能実習制度とは
技能実習生受入までの流れ
組合の主な業務
技能実習移行職種
高速道路ETC事業
高速道路ETC事業
高速道路ETC事業
ETCコーポレートカード
ETC割引
UC ETCカード
UC ETC割引
その他事業
その他事業
その他事業
大阪経営振興協同組合

大阪経営振興協同組合 〒570-0003 大阪府守口市大日町3丁目1番8号 Mビル1階 電話:06-6907-7951 FAX:06-6907-7971